院内ブログ

2012年9月26日 水曜日

歯の損害保険の登場!

みなさんこんばんは!
副院長の全並 匠です。今夜も夜風が気持ちイイですねー。

今日はYahooニュースにも取り上げられた国内初の歯に対する損害保険について書きます。

読んでない方は下段をどうぞ。

僕の個人的な感想としては、ちょっと読んでみた感じでは通常の国民保険や社会保険に加入されている方にはベーシックプランはありがたみがない気がしますね。
充実プランに加入すれば不慮の事故などで歯を失ってしまった場合などにはインプラント治療の選択ができて効果を発揮できそうですね。

ただいずれにしてもどんな保険と同じように、少し条件や内容をしっかりと把握してから加入する必要がありそうです。僕らDr.サイドも理解しておかないといけなさそうですね。
保険適応外になってしまってはどうしようもないですからね。

気になった方は一度エース損害保険に問い合わせてみてくださいね。

ではではー。


国内初「歯の損害保険」の取り扱いを開始=エース損害保険(サーチナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120925-00000004-scn-bus_all

エース損害保険は10月1日より、国内損保業界で初めて、「歯の保険」の販売を開始する。ムシ歯治療や歯周病治療など健康保険等の保険診療による歯科治療を補償する「ベーシックプラン」と、インプラントなど自由診療(保険外診療)も含んで補償する「お手頃プラン」「充実プラン」を用意した。

同社と同じエース・グループであるエース韓国で2008年12月に歯科保険を販売開始したところ、2012年8月末現在で契約件数で約80万件、年間収入保険料が約115億円に達した。その後、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアでも歯科保険を発売している。

日本の歯科疾患は減少・軽症化の傾向にあるといわれているが、厚生労働省の調査では、1日あたりの歯科患者数は130万人を超え(平成20年患者調査)、満20歳~54歳ではムシ歯のない人は約2.3%に過ぎない(平成23年歯科疾患実態調査)という結果になっている。

同社では、「歯の健康に関心がある」「現在、歯の治療はしていない(完治している)が、将来の歯の健康に不安を感じる」「いざ治療を受ける際には、見た目の自然さから最善・最良の材料を選びたい」など、「いろんな年代の抱える歯科治療ニーズに応えることができる」としている。当初は、エース保険が提携しているクレジットカード会社のカード会員と配偶者、子どものみが加入対象者。その他の希望者には準備が整いしだい、順次、販売していく。(編集担当:徳永浩)




名古屋市天白区野並駅の近くの歯医者はぜんなみ歯科クリニックへ

投稿者 ぜんなみ歯科クリニック

クレジットカード取扱
アクセス

愛知県名古屋市天白区野並3-435

月~金 9:30~12:30 / 14:30~19:30
土曜日 9:30~12:30 / 14:30~17:30
休診日:木曜日・日曜日・祝日
※祝日週は木曜診療

お問い合わせ 詳しくはこちら